2013/11/12(火曜) 07:58

断捨離 * 過去の証拠にしがみつくな!

11月頭、プロビーダの3連休は、「断捨離」!

 

会社をスタートして丸5年、事務所を開設して丸3年。

 

最近とみに、探し物に時間がかかっていることが多く、

このままではいかん!と、事務所の中の

蓄積物を全て引っ張り出し、仕分けをすることに。

 

 

活用しやすく整理するもの、処分するもの。

 

実は、断捨離を思いたったのは、

 

「モノが捨てられないのは、

過去の “証拠” にしがみついているから」

 

という話を聞き、さもありなん、と思ったゆえ。

 

終了した研修資料や、なんとなく取っておいたきれいな空き箱など、

10坪ほどの事務所の中から、ダンボール3つほどの書類・不要物が

仕分けされた。

 

積み上げられた書類の束を見て、こんなに書類を作ってきたことに、

まずはびっくり。

 

過去に作って来た企画書やプログラム・シナリオなどの書類。

一から作ったものも多く、頭を悩まして作ったものほど愛おしい。

あ、こんなものがあったと、懐かしいもの。

付箋やアンダーラインがいっぱいの資料も多い。

 

これを捨てちゃうの? と、つい心が揺れる。

 

改めて、自分に言ってみる。

 

「今、あるもので勝負せよ!」

 

そう思うと、1年前なら、不安で捨てられなかった資料類が、

苦もなく捨てられることに気づく。

 

もちろん、すでに終了して必要のなくなったもの、

データが保存されているから捨てられるということもあるんだけれど、

この書類群のエッセンスは体に入っている、と思える。

躊躇なく捨てられることに、年月を経た成長を感じる。

 

過去にしがみつくのではなく、何か足りないことに怯えるのではなく、

空いたスペースを誰と活用しようか、必要な資源をどう調達しようか。

 

新たなチャレンジをスタートするための、心の整理だ。

 

追加情報